2008年12月27日

ありがとうございました

今年も残りあとわずかとなりました。
少し早めかと思いますが、今年のお礼を書いておこうと思って。

今年9月に始めたこのブログ、他のドロップシッパーさま方との交流の足がかりになればいいなと思っていましたが、おかげさまでいろいろな方と有意義なお話ができました。
ありがとうございました。
とても楽しませていただきました。

今年、10月がそこそこ好調だったので、年内に第一目標の月商10万円(ゴールドクラス)達成できるかと期待しましたが、ダメでした(^^;
あとちょっとどころか、11月は気持ちがいいくらいに売り上げゼロ(いや、決して気持ちよくはないんだけど)、12月なぜか何もしてないのに2件計2万円強の売り上げでした。(あと数日あるけど、何もしてないのに売れるとは思えない(^^;)

買っていただくには、まだまだ色々足りないってことですね。
神様、教えてくださってありがとう(^^
既存サイトは、思い切って手直しした方がいいみたいです。

さてさて。
今、やりたいなって考えてることがあります。
商品の追加削除などの運営を極力簡単にしたショップの作成。
決して、ほったらかしサイトを作りたいわけではなく、
機械的にできることは機械(パソコン)にお任せすることで
紹介文などの機械だけではできない部分に力を入れたいんです。
(でも超できすぎくんでは、みんなと一緒で面白くないからイヤ)

最近、いろいろ調べたりしていたら
考えてることが実現できそうな気がしてきて、
すっごくわくわくしてます♪

来年も相変わらず「まずは目標月商10万円」(純利益1万円くらい?)ですが、
「月商100万円」めざしてがんばりまーす!(^-^)9

来年もどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
タグ:日記

2008年12月24日

【サイト作成】csvファイルから特定の文字列を含む行だけを抽出

※新しい記事の方が敷居が低いかと思いますので、
よかったらご参照ください(2009.12.9)
【サイト作成】CSVファイルから特定の文字列を含む行を3ステップで抽出する方法


ご無沙汰してまーす(^^)nikiです。
なにかと慌しい日々が続きまして、気づくと1ヶ月近く放置(汗)。でもおかげさまで元気です。

さて本題。
csvファイルから、特定の文字列を含む行データだけを取り出したい!ってずっと思ってたんですよね。
やっとわかったので、ご紹介。
※書き直してみましたー(2008.12.25)

コマンドプロンプトで"findstr"コマンドを利用、というのがそのやり方。
以下手順です。

1)コマンドプロンプトを起動させる
※Windowsのスタート→すべてのプログラム→アクセサリ→コマンドプロンプト
で黒地に白文字の「昔のパソコン」風画面が出てきます

2)抽出元ファイルのあるフォルダへ移動する
※抽出元ファイルのあるフォルダの場所をまず調べます。
エクスプローラー(IEじゃなくてファイル一覧とか見るヤツね)で
ファイル名を右クリック→プロパティ
とすると、「場所」の項目がありますから、
C:¥Users¥ユーザ名>
の「>」の隣に
cd ファイルの場所
と書いてEnterキー。
これで、場所移動できます。
例:
C:¥Users¥niki>
に続けて
cd C:¥もしも¥商品データ
書いたらEnterキー。
すると
C:¥もしも¥商品データ>
という表示に変わります。これで移動成功。

3)findstr 抽出したい文字列 抽出元ファイル名 > 抽出先ファイル名
タイプミスなどがないことをたしかめてEnterキー。

例)
もしもさんからダウンロードしたarticles.csvファイルから、ブルガリのデータだけ抽出したい場合。
findstr ブルガリ articles.csv > ブルガリデータ.csv
などと書けばOKです。
出力先ファイル名は適当に好きな名前でOK。
ちなみに、
findstr "商品ID ブルガリ" articles.csv > ブルガリデータ.csv
と書けば、1行目の見出し行も一緒に書き出してくれますv

知ってる人にとっては、ほんの1行のコマンドですが、
知らなかった私には、ファイルからデータを抜き出すのって単純作業なのに結構時間かかってましたよ・・・

もちろん、csvファイル以外でも利用できるので、他にも便利な使い道があるかもしれません。
お役に立てば幸いです。

ではでは皆様、素敵なクリスマスをお迎えくださいませ〜★
メリークリスマス!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。