2009年03月19日

商品数は多い方がいい

久々にこちらに書きます。
6期特待生では、ミクシィのようなSNSを用意してあるので
そっちでは時々日記を書いたりしていますが
なんだかそれで満足(?)しちゃってました。

ご無沙汰の間に、開業届け&青色申告申請書だしたりしましたよー
あ、そういえばまだ控えが返ってきてない。
却下された!?

まあ、それはともかく。
ふと思い出したことがあったので、
自分用メモを兼ねて書いておきます。

自分のことを棚にあげて書きますが
「ショップに並べる商品数は多い方がいい」

たとえば、すごい安い商品とか、利益の薄い商品とか
そのへんのスーパーとか薬局とかでも手に入りそうなものとか
「通販で買うわけない」って思うようなもの、ありますよね。

でも。
ある商品を買う気満々の人がいるとします。
2つのネットショップがあって、
本命商品の値段も同じ、信用度も同じだったときに

送料無料にするために「ついで買いしてもいいなと思える商品」が
あるお店とないお店、どっちで買うか?

送料無料になるかどうか関係なくても
「500円くらいだからそれ1個ではたぶん買わないけど
興味あるからついでに買ってみたい商品」があったら、
あるお店とないお店、どっちで買うか?

こうして考えると、
本命商品の値段が同じでも、商品数が多いお店の方が
お客さんにとってお得感があるように思います。

最近、私も結構「利益薄いからコレ却下」みたいな意識もあるんですが
ショップの属性の合った商品を、ちゃんとわかりやすく置いてあげられたら
案外、それがメイン商品購入の決め手になることもあるかもしれないなと
自分が通販で買い物したときの気持ちを思い出したので書いてみました。
posted by niki at 22:53| Comment(8) | TrackBack(0) | 売れるサイト考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

言葉の使い方が売れ行きを左右する?

売れるサイトってどんなサイトか、自分なりに考えたことや、ヒントになりそうな出来事などをこのカテゴリで書き留めて行きます。

今日、たまたまラジオで聞いた話が興味深かったのでご紹介。
以下、番組パーソナリティ(女性)さんの体験談です。

その方がファーストフード店で、食べ物飲み物を何点か注文しました。 その中の1点が、ハッシュドポテトだったかな?とにかく揚げ物だったそうです。
店員さん「店内でお召し上がりですか?」
女性「はい」
のやり取りの後、
続きを読む
posted by niki at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れるサイト考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。